読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中継機の場所を変えたら劇的にWifi環境が改善された

最近3階建に引っ越しました。

家自体は快適なのですが、以前のマンションで全部屋繋がっていたWifiが届かない場所が出てきました。Wifiルーターは2階の角、テレビの脇に設置していますが、寝室の3階角部屋にはまったく電波が届きません。

届くけど電波をつかまなかったりつかんだり、寝転がってスマホをいじっていて、寝返りを打つと電波が途切れたり。。

そこで、この状況を改善すべく中継機を購入しました。
購入したのは"I-O DATA 11n/b/g対応 無線LAN中継器 300Mbps WN-G300EXP"です。

2階で簡単な初期設定をして青のランプが点灯
3階の階段脇のコンセントに差し込む
赤の点滅が青に変わり、3階でも電波が強い電波が入る

 

これで快適なWifiライフが戻ってくると思いきや。。
電波は3本しっかり入っていて、使えるようにみえるけどまったく繋がらない。
3階で繋がらないならまだしも、2階に来ても繋がらなくなってしまう。

Wifiルーターのブリッジ機能をONにして中継機のMACアドレスを入れたり、初期設定をやり直したり。。
なにをやっても状況は変わらない。

3000円も出してゴミを買ってしまったのかと落ち込みました。
コンセントから外してタンスの奥にしまいました。

 

次の日

 

もしかして3階に持ってきたことで中継機が弱い電波しか拾えていないのでは?
と中継機を2階の反対側の角に持ってきたところ。。

おもしろいほど繋がりました。

3階の寝室にいても、反対側の部屋にいてもバッチリ繋がりました。超快適です。

 

というわけで中継機の効果が思ったように出ていないときは、Wifiルーターと中継機の距離を近づけてみては?という話でした。これって知っててあたりまえなのかな。。