読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Soft Skills"を読んでる

なんだか世界中で話題?のSoft Skillsが手に入ったので読んでいる。

ソフトウェア開発者としてどのようにスキルを磨いていくのか、どうやって自分自身をマーケティングしていけば良いのか、新しい技術をどのようにして学んでいけば良いのか。。さらには金持ち父さんのごとく、どうやって不動産投資で一発当てて若くしてリタイヤするか。みたいなことまでが平易な英語で書いてある。

その中に「ごちゃごちゃいってねーでブログ書け」というお話があったので、休眠中のはてなブログを再開した。

要は、ブログを書くときに技術者としてパーフェクトである必要はないと。「まだ自分は技術力がないから」とか「間違ったことを書いたら恥ずかしい」とか、色々と言い訳はあるのだけども、とにかく現時点の自分に書ける内容を書いてみろと。どんなに技術が低くても、必ず誰かその記事を参考にする人がいるはずだと。そうやって自分が出来る範囲でコミュニティに貢献するんだと。そんなことが書いてあった。。気がする。

アウトプットすることに関して述べたところで印象に残ったのは次の一言(適当な訳)「誰かが失敗したことなんて、みんないちいち覚えていない。君は失敗した誰かを見て激しくブーイングしたり、わざわざ電話やメールでそいつの失敗についてごちゃごちゃ文句を言って、いかに彼がクズかってことを伝えたか?当然、そんなことしたこともないだろ。だったら何をびびってるんだ」

ブログを書かない理由の一つに時間がとれないってものもあるけど、技術的に未熟だからなかなかアウトプットする気になれないというのもある。続くかわからないけどとにかくアウトプットしてみたい。いままではgithubにコードをあげることもほとんどしてないけど、隠すほどの技術もないし、これからはどんどんやっていこう。

ということでまたRails/Rubyを使って早朝・週末プログラマ生活を再開する。

このたびRubyを選んだのは池澤あやかさんのファンだからではない。

とにかく、いままでやるぞやるぞと言いつつ1つも作ったことがないWebサービスとやらをとりあえず1つ作る。そんでもってその過程とコードをブログとgithubですべてさらけ出して裸になろう。全裸だ。

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart. - Steve Jobs.