読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Soft Skills"を読んでる

なんだか世界中で話題?のSoft Skillsが手に入ったので読んでいる。

ソフトウェア開発者としてどのようにスキルを磨いていくのか、どうやって自分自身をマーケティングしていけば良いのか、新しい技術をどのようにして学んでいけば良いのか。。さらには金持ち父さんのごとく、どうやって不動産投資で一発当てて若くしてリタイヤするか。みたいなことまでが平易な英語で書いてある。

その中に「ごちゃごちゃいってねーでブログ書け」というお話があったので、休眠中のはてなブログを再開した。

要は、ブログを書くときに技術者としてパーフェクトである必要はないと。「まだ自分は技術力がないから」とか「間違ったことを書いたら恥ずかしい」とか、色々と言い訳はあるのだけども、とにかく現時点の自分に書ける内容を書いてみろと。どんなに技術が低くても、必ず誰かその記事を参考にする人がいるはずだと。そうやって自分が出来る範囲でコミュニティに貢献するんだと。そんなことが書いてあった。。気がする。

アウトプットすることに関して述べたところで印象に残ったのは次の一言(適当な訳)「誰かが失敗したことなんて、みんないちいち覚えていない。君は失敗した誰かを見て激しくブーイングしたり、わざわざ電話やメールでそいつの失敗についてごちゃごちゃ文句を言って、いかに彼がクズかってことを伝えたか?当然、そんなことしたこともないだろ。だったら何をびびってるんだ」

ブログを書かない理由の一つに時間がとれないってものもあるけど、技術的に未熟だからなかなかアウトプットする気になれないというのもある。続くかわからないけどとにかくアウトプットしてみたい。いままではgithubにコードをあげることもほとんどしてないけど、隠すほどの技術もないし、これからはどんどんやっていこう。

ということでまたRails/Rubyを使って早朝・週末プログラマ生活を再開する。

このたびRubyを選んだのは池澤あやかさんのファンだからではない。

とにかく、いままでやるぞやるぞと言いつつ1つも作ったことがないWebサービスとやらをとりあえず1つ作る。そんでもってその過程とコードをブログとgithubですべてさらけ出して裸になろう。全裸だ。

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart. - Steve Jobs.

英単語

今週調べた英単語

gestation - 計画を練ること、妊娠期間
contraception - 避妊、避妊法、産児制限
concise - 簡潔な、簡明な
inference - 推論、推定
longtitudinal - 長期的な、(長期にわたる)変化を扱った

JMockitを使ってStaticクラスをMock

10年近く前、まだテストなんて概念すら知らないときに作ったシステムがいまだに動いています。
当時はPHPしか経験がなかったのですが、開発はJavaでなければいけないということでHello Worldから始めました。
なんとか完成したものの、変更に次ぐ変更によって何もかもが相互に依存しまくり、もはや意味がわからない状態になっています。

本当ならすべてを書き直したいくらいですが、時間もないのでぐちゃぐちゃのままメンテナンスしなければいけない。。

そこで、なんとかできるところだけでもテストを書きたいとネットを徘徊していたところ、JMockitを見つけたので試してみました。

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

いろいろ間違ってるかもしれませんがとりあえず晒します。


gist9015683

reference:
http://d.hatena.ne.jp/ryoasai/20110107/1294427245
http://jmockit.googlecode.com/svn/trunk/www/tutorial/AnExample.html

SQLのWHERE条件

ANDで繋がってるWHEREの条件は左から右に順番に見ていくので、とてつもなく大きなデータを抽出する場合はより結果の絞れる条件を左に持ってくると良い。ということだと思う。
実際やってみたけど、自分の条件ではあまり変わらなかった。。

Queries with all operations on the WHERE clause connected by ANDs are processed from the left to right. So, if a operation returns false, all other operations in the right side of it are ignored, because they can’t change the AND result anyway. It is better then to start your WHERE clause with the operations that returns false most of the time.

https://medium.com/tech-talk/f834f09bafaf

BackboneのCollectionでFetchをカスタマイズ

前に同じようなこと書いたかもしれないがメモ

http://stackoverflow.com/questions/18383205/backbone-js-with-a-custom-fetch-url

JPAについて調べてみた

ほぼ毎日使うのだけれど、かなり曖昧な理解のまま放置していた。
エラーが起こるたびに場当たり的な対処をしてきましたが、これではいけないと1から調べてみました。
間違っている箇所もあるかもしれませんので、お気づきの点はぜひご指摘ください。

永続化コンテキスト、EntityManager
JPAには「永続化コンテキスト」と呼ばれる入れ物が用意されている。永続化コンテキストとHibernateのセッションは同じことらしい。
この入れ物にはエンティティと呼ばれるDBの1行1行に対応するモデルが入っている。例えばDBに「性=山田、名=太郎、年齢=40歳」みたいな1行のレコードがあるとすると、それに対応するエンティティにはプロパティが3つあってlastNameに山田, firstNameに太郎, ageに40が入っているような形。EntityManagerはこの永続化コンテキストという入れ物や各エンティティを管理するもの。

エンティティをsaveしたり、既存のデータをDBから持ってくると、レコードの内容がエンティティとして永続化コンテキストの中に放り込まれる。このときに永続化コンテキスト内で管理されているエンティティはmanagedという状態になる。永続化コンテキストの中に入れたエンティティを、アプリケーション側で変更してからsaveを実行してもDBには反映されない。saveはアプリケーションで行ったエンティティの変更を永続化コンテキストに反映させているだけなので、永続化コンテキストからDBに書き込みを行うには別途flush(commit)する必要がある。ただこの辺りはアプリケーションや使ってるフレームワークがどう処理するかによって異なる。

管理されていたエンティティが永続化コンテキストから切り離されるとエンティティはdetached状態になる。
detached状態のエンティティはDBから取得したり、エンティティの変更を反映させたりといった処理ができなくなる。開発している時、PlayのインメモリDBを使っていると時々出てくる「detached entity passed to persist」というエラーは、操作しようとしたエンティティが何らかの理由で永続化コンテキストから切り離されているため、操作ができないという意味になる。

エンティティに対して行う処理:
EntityManagerがエンティティに対して行う処理にはpersist, remove, merge, refreshがある。persist, removeは永続化コンテキストに対する処理なので、上で触れたように実行しても実際にアプリケーションで行ったエンティティへの変更がデータベースに反映されるのはflush(commit)処理の後になる。

persist: 新しいオブジェクトを永続化コンテキストに追加する
remove: 永続化コンテキストにあるエンティティを削除する
merge: detached状態のエンティティをmanaged状態にする
refresh: エンティティの内容をデータベースと同期する。変更内容はデータベースのもので上書きされる

clearはすべてのエンティティをdetached状態にする。
closeは永続化コンテキストを破棄してEntityManagerを終了する。

ref: http://openjpa.apache.org/builds/latest/docs/docbook/manual.html#jpa_overview_em_lifecycle

トランザクション
トランザクションは追加、更新、削除といったDB処理をまとめた作業の単位。トランザクションに対する命令にはbegin, commit, rollbackがある。トランザクションを開始するにはbeginを呼び出す。実施するにはcommitを呼び出す。beginからcommitまでの間に行うDB処理を記述する。トランザクション中に処理が失敗した場合はrollbackによりトランザクションで行おうとしていたDBへの処理をすべて取り消すことができる。
ref1: http://openjpa.apache.org/builds/latest/docs/docbook/manual.html#jpa_overview_emfactory_perscontext_trans
ref2: http://www.techscore.com/tech/sql/SQL11/11_01.html/

リレーション:
エンティティと関連付けられたエンティティ(OneToManyとか)に対する処理を自動で行う場合はCascadeTypeを指定する。
CascadeType.PERSIST: 新規に永続化コンテキストにエンティティを追加する場合、このフィールドのエンティティも追加する。PERSISTの指定がなく、永続化コンテキストに追加されていないエンティティが関連付けられているとエラーが出る
CascadeType.REMOVE: 親が削除されると指定したフィールドのエンティティも削除される
CascadeType.REFRESH: 親がrefresh()されるとこのフィールドのエンティティもrefresh()される
CascadeType.MERGE: 親がmerge()されるとこのフィールドのエンティティもmerge()される
ref: http://openjpa.apache.org/builds/latest/docs/docbook/manual.html#jpa_overview_meta_cascade

関連付けされたフィールドをどのように呼び出すかをEagerかLazyで指定できる。
Eager Lodingはフィールドの呼び出しを最初の呼び出しで行う。
Lazy Loadingはそのフィールドにアクセスがあった時点でフィールドをデータベースから呼び出す。
顧客テーブルと電話番号テーブルが1対多で関連付けされていて「山田さん」には「携帯」「自宅」「実家」という複数の電話番号がひも付けされているとする。Eager Loadingを指定すると、親になる「山田さん」エンティティを呼び出したときに、一緒に電話番号たちも持ってくる。Lazy Loadingだと「山田さん」エンティティだけを先に呼び出しておいて、電話番号はアプリケーション側で呼ばれてから(iteratorへのアクセス等、利用されるときに)取ってくる。
ref: http://openjpa.apache.org/builds/latest/docs/docbook/manual.html#jpa_overview_meta_fetch

Apple Mac miniで作るVMware vSphereラボ環境 ー vCenter Serverのインストール

DCと仮想ESXiを追加したのでvCenter Serverをセットアップします。
まずWindows 2008 R2をインストールするのですが、評価版のイメージがかなり古いようです。

ダウンロード時のままだとvCenter Serverどころか、SQL Server 2008 R2 Express、VMware Toolsもインストールできません。
vSphereのインストールの前にWindows Updateを実行してWindowsを最新の状態にしてください。
評価版でもUpdateは可能でした。

Windows Updateが終了したら"VMware vCenter Simple Install"をクリックするだけです。
VCP対策としては、ここでvCenter管理のドキュメントを見ながらSQLの評価版を使ってセットアップを試すのも良さそうです。
今度、vCenterアプライアンスのデプロイも試してみようと思います。


Windowsのイメージが古いことに気付かず、少しハマったのでエラーメッセージをメモしておきます。

セットアップ画面からWindows Installer 4.5をインストールしようとすると下記のようなエラーがでます。
「この更新プログラムはお使いのコンピュータには適用できません 」

それからこの状態でVMware Toolsをインストールしようとするとこのエラーがでます。
VMware Toolsは、仮想マシン内にのみインストールしてください」